あさひの杜とは?

富士山を背負い、眼下には駿河湾を望む
富士絶好の丘陵地(富士市大淵)に位置する14区画の分譲地。
雑木の杜に佇む町並み」をコンセプトに、
建築家田中敏溥氏が監修した
ともに暮らすことを大切にしたこれまでにない町が誕生します。
向こう三軒両隣り」のいい関係のなかで暮らしたい
子育てしたい、という家族のための町。
それが 「あさひの杜」です。

about_1
「あさひの杜」を設計・監修するのは、建築家の田中敏溥。日本の町が忘れかけていた、共に暮らすというコミュニティのあり方をこの「あさひの杜」で私たちに問いかけています。美しい町並みと向こう三軒両隣りの精神。それを実現するための「作法」をもった町が、ここ富士に誕生します。さらに詳しく
tanaka_san

あさひの杜の植栽を手がける渡邉政和は、雑木の庭づくりで定評のある造園家です。「いまの日本の町は、緑が少なすぎる」…そんな思いから、ここ「あさひの杜」では各区画に3本の雑木を植えることで、雑木の杜のなかに佇む町をつくり出そうとしています。目指すのは、四季の移ろいを感じながら暮らす愉しみのある町です。さらに詳しく
watanabe-san
about_3
緑ゆたかな「あさひの杜」には、キッチンガーデン…”小さな貸し農園”も用意してあります。
土に触れ、野菜を育て、収穫する愉しみはもちろん、感性ゆたかな子育てをするのに最適な環境があります。親子で泥んこになって、ひとつの野菜を育て、食べる。それは、かけがえのない思い出となるでしょう。さらに詳しく
garden2